スキー保険の存在を知ろう

雪山で遭難した時の対策

救助の時に発生する費用

遭難した時は、救助をすぐに要請してください。
雪山で迷子になったら、スピードが重要です。
早くしないと身体が凍えて、命を落とす危険性があります。
すぐに救助してもらえば、特に身体に傷を残すことはないでしょう。
しかし、その時に料金が発生することを覚えておきましょう。
ヘリコプターなどを使って捜索していたときは、救助の費用がかなり高額になります。

保険に加入していないと、全額自分が負担しなければいけませんが少し辛いです。
万が一の事態が起こっても良いように、保険に入りましょう。
救助の費用を支払ったことが原因で、生活費が少なくなったら困りますよね。
また今後は、自由にスキーを楽しめなくなってしまうこともあります。

保険が下りるパターンを把握しよう

それぞれのスキー保険によって、保険金が下りるパターンが異なります。
ケガをした時にだけ保険金が下りる種類もあるので気をつけてください。
その際は、救助にかかった費用を保険金で支払うことができません。
できればたくさんのパターンに対応しているスキー保険に加入した方が良いです。
スキーをしている時は、何が起こるか分からないと思ってください。

対応するパターンが少ないスキー保険の方が、費用が安く済みます。
お金がない人はそのような保険を選択してしまう傾向が見られますが、対応するパターンが少ないので加入した意味がない時が多いです。
ケガをした時や救助を要請した時に保険金が支払われるスキー保険だと、安心できるでしょう。