スキー保険の存在を知ろう

スキーの道具が壊れた時の保険に使う

道具を修理するお金を受け取る

スキー保険に加入していると、道具が壊れた時の修理費を負担してもらえるので便利です。
事故が起こって道具が壊れたときは、修理に出すか新しい道具を買うか選んでください。
これまで慣れ親しんで使ってきた道具は、愛着が湧いているので簡単に買い替えることができないと思います。
同じ道具をこれからも使いたいと考えているなら、修理に出してください。

修理するのに高額な料金が発生したら支払うのに困りますが、保険を適応できればそこまで負担がかからないので助かります。
壊れている道具の状態によって、どのくらいの保険金を受け取れるのか変わります。
スキー保険の種類によっては、人間のケガにしか適応できないかもしれないので注意しましょう。

お得な方法を選択しよう

できればこれまで使っていた道具を修理して使いたいと思っているかもしれませんが、道具の状態によってはそれができない可能性があります。
修理するよりも新しい道具を買い替えた方が安い価格で済むと言われるかもしれません。
安く済ませることを優先にしているなら、どちらの方がお得なのか聞いてください。
少し道具が壊れているぐらいだったら、保険金を利用して修理できます。

しかし大部分が壊れている時は、保険金だけで補えないかもしれません。
新品の道具は高いですが、よく探せば比較的安い種類も売っています。
それなら、保険金だけで間に合うかもしれません。
お得な方法を選択できるように、焦って修理に出したい新品を購入しないでください。