スキー保険の存在を知ろう

スキー保険に加入すれば安心できる

ケガをしたときに保険が下りる

滑っている時に転んでケガをしてしまう人が、意外と多いです。
雪山で転べば、骨折など大きなケガに繋がる危険性があります。
保険に入っていれば、治療費を負担してもらえるので安心です。
スキー保険に加入してから、雪山に行きましょう。
頻繁にスキーをする人は普通の保険に入っても良いですが、あまりスキーをしない人もいます。

数回するスキーのためだけに保険に加入するのは、少しもったいないと感じる人がいるでしょう。
そのときは、1日500円程度で加入できるスキー保険を使ってください。
それならスキーをやる時だけ保険に入れるので、お金が無駄になることはありません。
万が一の事故が起こった時のことを考えて、スキー保険に入るのがおすすめです。

相手をケガさせたときのこと

スキー場で、人とぶつかって転ぶ可能性があります。
自分は無傷でも、相手はケガをしているかもしれません。
こちらに非があって相手をケガさせてしまったときは、治療費や慰謝料を負担するのが一般的です。
問題なく支払えるように、スキー保険に加入しておきましょう。
スキー保険のほとんどは、自分がケガをした時だけではなく、相手をケガさせた時にも適応できます。

ケガをさせてしまったときは、きちんと責任を取ってください。
関係無いと言ってその場から逃げると、もっと大きなトラブルになるので絶対やめてください。
ぶつかって事故が起こったときは、お互いの連絡先をお交換しましょう。
すると相手から治療費や慰謝料を請求された時に、すぐ支払えます。